墓じまいの手順と遺族のお骨の対処の仕方には注意が必要

サイトマップ
墓じまい

墓じまいをした後のお骨はどうすればいい?

高齢化が進んで、先祖から受け継いできた墓地へのお参りが体力的に厳しい、実家から離れたところに住んでいるので、両親が亡くなったあとお墓参りだけに帰省するのは大変。今までは、親族の誰かが墓守をしてくれていたけれど、高齢化と核家族化、地方部の人口の流出などで、お墓の管理が困難になるケースが増えてきています。そこで、遺骨を取り出し、墓石を解体・撤去する「墓じまい」をするわけです。墓じまいをした後、お骨はどうすればよいのでしょうか?
お参りに行きやすい場所に新たに墓地を用意した場合には、そこに移せば良いのですが、お寺で永大供養してもらうこともできます。困るのは、お骨の移動手段です。何体もあるお骨を遠方の親戚宅に届ける、遠方のため実際に墓じまいに立ち会わずに業者にお願いした、そんな場合にどうやってお骨を移動すればよいでしょう。
そのときに利用できるのが、宅配便です。他に、意外と知られていないのが郵便局でも、お骨を郵送してくれる。ということです。郵便局なら、持ち込み割引・個口割引のサービスもあり、基本料金も民間の宅配業者より割安なことが多いのでお勧めです。お骨を郵送するということに抵抗を感じるかもしれませんが、お墓を放置してしまうことに比べると、どうでしょうか?ぜひ有効に活用してスムーズな「墓じまい」を計画してはいかがでしょう。

墓じまいとは何ですか

墓じまいは言葉の通り、墓をしまう、つまりお墓を撤去することです。そして遺骨を他の場所へ移動させます。日本では少子高齢化が進んできているため、お墓まいりする人が減ってきているのでこのようなことが起こってきています。撤去する理由としては、お墓を引き継ぐ人がいないことや、遠いため管理できないことや子供達に重荷を背負わさないことや、金銭的理由など、人によって理由は様々あります。
それでは墓じまいした後の遺骨はどうなるのかという疑問が出てくると思いますが、墓じまいした理由により、その後は異なってきます。自宅供養したり、永代供養したり、近くに新しいお墓を購入したり、様々です。墓じまいをするには然るべき方法があります。勝手にお墓を撤去し、遺骨を移動させたりはできないのです。
まずはお墓の管理者へ撤去の旨を申し出なければなりません。そして、遺骨の移動先の確保をして、遺骨を取り出す際には閉眼供養をしなければなりません。そしたら、お墓の解体、撤去をして、更地に戻します。遺骨を新しいお墓に移す場合には、新しいお墓での納骨及び法要を行います。そして、料金としては相場で50から100万程度のお金がかかってきます。

墓じまいの手順

近年、「墓じまい」が増えていますね。「お墓が点在していてお参りが大変。管理費もかかる。」「高齢になり、遠方へお参りに行くのが難しい。」「後継ぎがいない。」など理由はさまざまです。墓じまいをすれば便利になりますが、そこへ行きつくまでにはお金と時間がかかります。将来的には…と検討している方は、早めに始めると良いでしょう。まず親戚に相談しましょう。親戚には相談しておくのが良いでしょう。
血を受け継いでいるのですから、その分思い入れもあり、反対する方もいるかもしれません。次に寺院に相談します。先祖代々お世話になっています。感謝の意の現しも兼ねて相談すると良いでしょう。「離檀料」を支払いますので、高額を提示された場合には交渉できます。そして、新たな供養先を決めます。合祀、永代供養、散骨があります。合祀は複数のお墓を1つにまとめます。永代供養は最終的には他人と合祀になります。散骨は海や樹木の根元など自然に返します。
その際に改葬許可申請書を取得しましょう。現在のお墓がある役所で貰います。必要事項を記入し、現在のお寺で署名してもらいます。同時に使用許可書を取得しましょう。新たな供養先で貰います。また、改葬許可証も必要となってきます。現在のお墓がある役所へ使用許可書を持参して発行してもらいます。石材店を決めましょう。墓所の整地、遺骨の取り出しを依頼します。遺骨を取り出します。墓前で読経してもらって閉魂供養を行うこともできます。納骨は新たな供養先へ遺骨と改葬許可証を持参します。このように墓じまいを行いましょう。


株式会社美匠では、墓じまいに関連する有資格者が多数在籍しております。 どんなご相談でも結構ですので、ご遠慮なくご相談下さいませ。心を込めて対応させていただきます。墓じまいでお困りの方がいらっしゃいましたらぜひご利用してみてはいかがでしょうか?

TOP