墓じまいの手順と遺族のお骨の対処の仕方には注意が必要

サイトマップ
墓じまい

お墓を受け継ぐ人がいない場合

お墓などの祭祀財産は、一般の相続財産とは区別されていて、地域の慣習などに従い祖先の祭祀を主宰する人が個人で継承をすることになっています。ですから、被相続人が生前または遺言で指定をされていた場合にはその人が継承して、指定が特にない場合はその地域特有の慣習によって継承する人を決めていきます。
また、慣習が明らかではない場合などには、家庭裁判所での調停や審判によって定められます。ですが最近では、子供がいないなどという理由によりお墓を受け継げない場合はもちろんのこと、子供や身内などに迷惑や負担を残したくないなどという理由により、永代供養墓を利用し始める人たちが増えています。そして永代供養墓とは、一度一式の料金を先に支払ってしまえば、その後はお寺が全て責任を持って永代にわたって供養と管理などを行う墓のことです。
また、このような永代供養墓は、全てのお寺にあるわけではなく、事前に確認などが必要となってきます。また、永代供養墓は、合葬式である納骨堂タイプ、地下の方に合葬式の納骨堂を造って、その上の方に仏像や仏塔、碑などを建立したタイプ、普通のお墓に近い個別(個人や夫婦単位)タイプなどさまざまな種類があります。

TOP