墓じまいの手順と遺族のお骨の対処の仕方には注意が必要

サイトマップ
墓じまい

墓じまいが増えている理由

そもそも墓じまいとはどういう意味か。墓じまいとは、お墓を守る人がいない、あるいはお墓がある場所が遠くてなかなか御参りに行けないという理由でお墓参りが途絶えてしまいます。お墓が放置されてしまい、手入れされずに汚れてしまうのは大変悲しいことです。そこで、現在のお墓を撤去して遺骨を他の墓地に移転する、あるいは永代供養墓地に改葬することを墓じまいと指しています。
最近、墓じまいが増えている傾向にあります。経済的に負担が厳しいというよりも、少子化によって墓守をする継承者が途絶えてしまう事が主な理由です。また、人々のライフスタイルの変化も大きいです。昔は、生まれた故郷で育ち、生まれた故郷で最期まで過ごすというのが当たり前でしたが、近年では、生まれた故郷が田舎で住みにくいなどの理由から都会に移り住む人も多くなり、生まれた故郷で一生を終えるという文化は希薄してきました。
そのため、故郷にあるお墓から遠いということで墓じまいをする人が増えているのです。墓じまいの存在や墓じまいの手続きの仕方が分からず、お墓を放置しておくのは、とても悲しいことです。もし、お墓が遠くて何もしてやれないと感じたなら、しっかりと墓じまいをしてあげましょう。

TOP